介護学×心理学ブログ

介護がどれだけ辛い仕事か、どれだけ価値のある仕事かを証明しましょう。介護には、現場で働く者しかわからない凄みがあります。3Kと言われ苦しむ同志の、専門性と自尊心の向上を目指して発信していきます。(ちなみに、ブログ名は『介心ブログ』と略したい)

介護士のストレス対策や専門性を向上させるための気づきや学びをご紹介しています。 3Kを脱出してご高齢者と一緒に幸せを目指しましょう。

認知症ケア大原則。3つのことを意識しよう。

 

 あなたにとって、認知症ケア』とは何でしょうか?

 

「すぐ忘れてしまう人の対応」ですか?

「周囲または自分自身に迷惑をかける人を守ること」ですか?

認知症の進行を遅らせること」という人もいらっしゃるかもしれません。

 

これら全て、間違いではありませんが、正解でもありません。

それは、現場で働く職員さんが身をもって経験していることでしょう。

 

私たちは、認知症ケア』のプロといえど、どう対応するのが正解とは言えず、いつも”その場しのぎ”にケアをしては、成功や失敗を繰り返します

後輩職員や外部の人に介護を伝えようとしても、言葉で説明するのが難しく、一から学ばせていることになってしまっています。

そんなことでは、『認知症ケア』のプロとは言えませんし、いつまで経っても介護の分野は専門性が低く、賃金が上昇しないことにも頷かれてしまうわけです。

 

そこで、今回は、認知症ケア大原則』として、3つのことを提案したいと思います。

 

特に小難しいことを言うつもりはありませんが、みんな忘れがちなことです。

介護現場は、変化を嫌う性質があり、そして変化がない方が利用者のためであるため、同じことの繰り返しが求められる側面があります。

つまり、意識していないと忘れて落ち込んでしまうのです。

 

利用者のためにも、あなた自身のためにも、職員の介護力が上がる『認知症ケア大原則』を提案します。

「どこを目指して仕事をすればいいのかわからない」という人は、ぜひお付き合い下さいませ。

 

続きを読む

介護士に絶対必要な、ケアの本質的な3つの考え方。

 

 ある利用者さんが言いました。

「私は生きている価値がない」と。

 

人は、年齢や体力の違いから生み出す価値に差が生まれますが、その人自体の価値に差をつけることはできないのが道徳とされています。

誰かがそう言ったわけではないのに、「生きている価値がない」と言われました。

果たして、何か嫌なことでもあったのでしょうか?

そうだとしたら、その人の生活環境を支える我々介護士に何か問題があるのでしょうか?

 

利用者さんの何気ないひとことから、自分のケアに対する自信を失ってしまうことは多々あります。

そこで、介護士に絶対必要な、ケアの本質的な3つの考え方。を得て、基盤をしっかりと立て直しましょう。

 

今回は、この考え方を持つだけでケアが楽に、そして向上していくようなマインドセットを3つご紹介します。(マインドセット=考え方や信念という意味)

参考になれば幸いですし、参考にしかならないと思います。

 

続きを読む

身体拘束のグレーゾーンについて。それは不適切ケアか?

 

 介護現場には、「それ身体拘束なんじゃない?」と思わせるような行為がよく見かけられます。

自力で動こうとする車いすの人の後ろに、物を置いて転倒リスクを下げたり、

自力で動こうとするベッド臥床中の人のベッド周りに、物を置いて転落リスクを下げたり、

これらは、その人の身体を守るために行われてしまうことですが、『身体拘束』として捉えられてしまいます。

 

そこまではいかなくとも、少し動ける猶予を残してあげたりして、犯罪行為に至らないケースもあります。

これが、今回お話する『グレーゾーン』というもので、世の中では『不適切ケア』として扱われてしまうこともあります。

 

このようにして、介護職員の仕事ぶりが非難されることが時々あるのですが、悪意があってやっているのでしょうか?

そんなわけがありません。その人の命を守るという最大の目的のためにやってしまっていることです。

 

そして、介護士側だけの考えでケアを行うのが「不適切」だということは、多くの人の心にあることですが、人手不足が加速していく中、どうしても「身体拘束」に近い行為をしてしまいがちなのです。 

自分たちの力ではどうしようもないことのせいで、仕方なくやってしまったことに対して非難されると、「じゃあお前らやってみろよ」と言いたくもなります。

 

それぐらい深刻な状況下で、今後も「不適切ケア」と言われないために、何ができるでしょうか?

いや、そもそも、あなたのやっているその仕事は、「不適切ケア」なんかではありません。

それを、今回のお話で証明してみせます。

お付き合い下さいませ。

 

続きを読む

介護施設ではムリ!?利用者が幸せになる介護サービスとは?

 

 どうせ働くのであれば、目の前の人に笑顔でいてほしくないですか?

 

優しい介護士さんは、利用者さんの笑顔が好きです。

毎日同じような業務を繰り返す中、どうせだったら目の前の人を笑顔にさせたいし、安心させてあげたいし、幸せにしてあげたいと思います。

 

この安全を守る使命以上のサービス精神は、お金に変えられない価値があると思います。

しかし、それが故に介護の分野は3Kから成長しないのかもしれません。

気持ちよりも、結果として残せる何かが必要です。

それが現在は、親の介護をできない人に代わって支えられるよう、介護施設という建物で集団生活を送って頂くサービス業を提供しています。

 

しかし、介護施設という建物では利用者を幸せにはできないのではないか?と、私個人は感じているわけです。 

それはなぜか?ということと、利用者が幸せになるための介護サービスとは何か?についてお話していきたいと思います。

本当に目の前の人のためになるケアを考えたい方、現在のサービスに不満や疑問を感じる方は、ぜひともお付き合い下さいませ。

続きを読む

介護士が、コロナウイルスより恐れるべきものとは?

 

 現在、コロナウイルス蔓延を防ぐため、特に医療従事者といわれる私たちは、厳しい自粛ムードの中にいます。

元々プライベートの時間が少ない介護士や看護師は、追い打ちのようにして自由を奪われているわけです。

そんな中でも、「人のため」「生活のため」と、何かのために感染リスクと戦いながら勤務しています。

 

しかし、中には、「コロナの影響で職を失っている人もいると思うと、自分たちは有難いなぁ」と前向きに出勤する人もいるようです。

また、「いくら人のためになる仕事といえど、自分や家族に対する感染リスクを犠牲にしてまですることではない」という人もいます。

 

人それぞれに違う考え方をお持ちのようですが、世界が「辛い」状況にあることは変わりありません。

 

そこで、どうにもならない問題(未知の感染症に対する完全対策)は置いておいて、自分たちで考えられる範囲についてお話していきたいと思います。

それは、コロナウイルスより恐れるべきものがあるというお話です。

 

続きを読む

頭が固く、我流をつき通す職員の正体と攻略法を一緒に考えませんか?

 

 あなたの職場にも、頭が固く、我流をつき通す職員はおられませんか?

 

イメージとしては、お局様キャラのような人のことなのですが、多くの職場に存在していると思います。

「昔からうちの職場ではこうしてた」「私の長い経験からするとこの方がいいんだって!」

無駄に長く変化のない経験があるせいか、それにとらわれ新しい状況や周りの環境に合わせることができなくなってしまっている人のことです。

 

その上、その職場ではベテランという立場にいるため、妙に発言力があります。 

そういう人に周りの人間が振り回されて、みんな不本意な働き方となってしまうことがしばしばあります。

 

そのため、今回は、リーダーシップとしてではなく迷惑に周りの足を引っ張る職員の正体と攻略法を一緒に考える機会を作りたいと思います。

私自身の現場経験や勉強している心理学の知識を当てはめていきますが、それが正解とは言えませんので、あなたも一緒に考えましょう。

 

あなたは、あなたの職場のお局様を攻略することができるでしょうか?

 

続きを読む

認知症高齢者の方の人間関係をより良くするために、介護士にできること。

 

 目の前の利用者さんを見た時、「充実した人間関係が構築されてるな」と感じたことはあるでしょうか?

 

おそらく、そう感じたことが少ない介護職員の方が大半だと思います。

 

むしろ、老化による認知の歪みか、望まない状況や状態による性格の歪みのせいか、まともにコミュニケーションをとることすら困難に感じることもあるでしょう。

 

そんな中でも、施設で生活されている利用者の方の人間関係を、より良くする方法をお話します。

 

単なるコミュニケーションの技術ではなく、介護士側の考え方や心理学を応用した方法をご紹介していきます。

 

どうせなら、目の前の利用者の方には笑顔でいてほしいし、不機嫌な人の対応をすることは避けたいはずです。

 

認知症高齢者の方の人間関係をより良くするために、介護士に何ができるでしょうか?

 

続きを読む